重度重複障がい児者家族の会「そらまめ」

重度重複障がい児者家族の会「そらまめ」
重い障がいをもっていても、より良い地域生活を送れるよう、未来に夢と希望を持ち続けていきたい・・・
お問い合わせ

「そらまめ」発足のご案内

身体・知的にも重い障がい、重度重複障がいの我が子との生活の中で、PTA活動や地域での活動を通して、制度のはざまを感じ、手のひらからこぼれ落ちることがないよう包括的な支援の必要性を感じる思いの中、重い障がいがあっても地域で豊かに暮らして行けるように、家族同士の仲間づくり、つながりを持ち笑顔で溢れる重度重複障がい児者の家族の会を立ち上げたいと思いました。

新着記事

家族の会の名称に決めた理由


花言葉でそらまめの花言葉は「憧れ」です。
全部のさやがみんな上を向いている様子が、天に向かって手を伸ばしているかのようで、未来を夢見て憧れている人の姿が重なることから「憧れ」に。
どんなに重い障がいをもっていても、より良い地域生活を送れるよう、未来に夢と希望を持ち続けていきたい思いが花言葉の「憧れ」に重なりました・・・。
もうひとつの花言葉で、「永遠の楽しみ」があります。親も子も、ずっと楽しんで笑顔でいっぱい幸せになれるところでありたい・・との願いが「永遠の楽しみ」に重なりました

これからのこと


仲間とのつながり、関係各所とのつながり、重度重複障害児者への理解促進のための啓発活動などを行いながら、将来的には、グループホーム「そらまめ」を開設できるように・・・。子どもたちは勿論のこと「そらまめ」に関わる全ての人が笑顔になれるような場所づくり、重度重複障がい児者家族の会「そらまめ」にしていけるように・・・。
 
コロナ禍の中での発足。小さな会からゆっくり始めていきたいと思います。

令和4年5月24日
重度重複障がい児者家族の会 そらまめ
代表 藤井 亜紀子